TASTEについて

食べものはもちろん、人生の酸いも甘いも味わえるようになるのが、摂食障害からの回復であるという考えのもと、それを後押しできるグループでありたい。TASTEは、そんな願いを込めて誕生した対話と学び合いの場です。

さまざまな立場のメンバーが日本の摂食障害患者さんを取り巻く環境を良くしたいという共通の想いを軸に集まるということで、

Trans-boundary
Alliance of 
Specialists
Teaming against
Eating disorders
⇒ ‘TASTE’と名付けることにいたしました。

摂食障害の治療や支援に携わる専門職の皆さん、摂食障害を経験し回復された皆さん、その回復を支えた家族の皆さんと共に、『食も人生も味わおう!/TASTE food and life』をキャッチフレーズに掲げて、堅苦しくない、風通しの良い雰囲気のもとに活動を続けています。

【沿革】
2019年、東京インターナショナルサイコセラピー・二子玉川オフィス 臨床心理士/公認心理師の荻原かおり、田口圭子、澤智恵と、編集者・林利香(EAT119代表)を中心に発足。勉強会を実施。
2020年、ダンサー・アスリート専門管理栄養士、摂食障害治療専門管理栄養士の染原風生(DDD Centre for Recovery 代表)が参加。オンライン講座をスタート。
2021年、教育プラットフォーム「Teachable」にて講座を開催するなど、活動を継続中です。